大切なワークフロー

社内SNSで業務を円滑にしていきたいなら<エアリー>
グループウェアの導入をしてより良い会社にしましょう!|J-MOTTO
施設予約システムを営んでいる方に必見のソフトが紹介されていますよ!|ニッセイコム
サービスマンの管理や手配をお任せするなら|フィールドサポートマネージメント

会社は企業にとって大切なルールの中にワークフローの組み立てがあります。
皆さんの会社にもあるはずなので上司に聞いてみるといいでしょう。

ワークフローのり用は会社によってまちまちですが、活用方法でおおきく結果にさがでます。基板としてはありとあらゆる方面で利用するべき社会人の基本。報連相です。
報告レベルでの報連相、技術レベルでの報連相、共有レベルでの報連相と様々です。
そして、ワークフローでこの報連相を活用して仕事を円滑に回すには各自の、個人のスケジュール管理が明確になっていないといけません。スケジュール管理を必要としないワークフローはタダのマニュアルどまりです。
よく、ワークフローとマニュアルを一緒にしてる方がいますが、違いますので。私どもん会社ではこのワークフローを円滑にまわすために先月より社内SNSを利用しています。この社内SNSの機能や社内SNSのりよう方法については追ってご紹介します。

さて、そんな大切なワークフローですが少し例をだして説明します。
仕事の流れ。これが大儀です。たとえばある書類をどの部署へ持って行き、誰の確認を得る必用があるのか。こういった仕事の流れを明確にしているものです。
では、書類のある場所・持っていく部署・確認をとってもらう相手・そして自分。これらのスケジュール管理はどうなってますか?ひとつでも噛み合ってなかったら、時間を見直す機会が増えて、円滑とはいえませんよね。
これがスケジュール管理の大切さです。スケジュール管理をしっかりとしてひと目で全てのアイテムのスケジュール管理がわかれば仕事はスムーズですよね。
そこで登場するのが社内SNSです。この社内SNSの機能を使えば上記すべての問題が解決します。

BIツールといえば技術のある│Data Knowledge